敏感肌用クレンジングランキング|本当に肌に優しいクレンジングとは

MENU

敏感肌に適したクレンジング料とは

敏感肌用クレンジングは肌を摩擦しないものを選ぶ!

 

敏感肌で肌に刺激を感じるときほど、こすらず手早くメイクが落とせる、肌に優しいクレンジングを選びたいですよね。

 

敏感肌用クレンジングを選ぶときは、よく界面活性剤の配合量が取りざたされますが、それよりも肌への摩擦を軽減できるかどうかが実は一番大切なポイント。

 

刺激を受けやすい敏感肌には、油分やエモリエント成分が配合され、メイクの油分とよく溶け合って短時間で落とせる

  • クレンジングオイル
  • クリームクレンジング

が適しています。

 

ただ、クレンジングオイルの場合、ミネラルオイル(鉱物油)を主成分としたものだと、脱脂作用が高く、必要な皮脂まで洗い流すため、肌を乾燥させがち。

 

皮脂量や水分量が低下し、乾燥しがちな敏感肌の方は、
ミネラルオイルで作られていないものや、
人の皮脂に近い植物性の油脂を使ったクレンジングオイル
がおすすめです。

 

中でも、アルガンオイルコメヌカ油など、不飽和脂肪酸を多く含む抗酸化油脂といわれる植物性油脂を主成分にしたクレンジングオイルは、たとえ皮膚に残っても安心。

 

保湿成分として肌を守ってくれるので、刺激に弱い敏感肌には最適なクレンジング料です。

 

ただ、どうしてもクレンジングオイルが苦手という方は、エモリエント効果の高いクリームクレンジングを使っていきましょう。

 

敏感肌用クレンジングを選ぶ前の基礎知識

  • 敏感肌には油分となじむオイルタイプかクリームタイプ
  • 主成分がミネラルオイルだと脱脂作用が強い
  • クレンジングに使われている非イオン界面活性剤は安全で低刺激
  • 界面活性剤の配合量が少ないと洗浄力が弱く、かえって肌を乾燥させる
  • エタノール、DPG、PG、ホットクレンジングは敏感肌にはNG

 

敏感肌用クレンジングランキング

以上のポイントを踏まえ、こちらでは肌を摩擦を与えずにやさしく洗い上げる、刺激の少ないオイルタイプ、クリームタイプの敏感肌用クレンジングをランキング形式でご紹介しています。

 

どれも口コミで評判が高く、肌に優しいクレンジング料ばかりです。

 

配合成分や、敏感肌の管理人が実際に使った使い心地等、体験談もご紹介していますので、ぜひ敏感肌クレンジング選びの参考にしてくださいね。

 

ラウディ ゼロタイムクレンジングの特徴
  • ピュアな”生”天然オイルを使用!
  • W洗顔不要で肌への負担を軽減!
  • 酸化しない油脂で肌トラブルの心配なし!

 

価格 初回2,340円 定期3,120円
内容量 180ml(約1カ月分)
主な成分
  • コメヌカ油
    (オレイン酸を多く含む植物性抗酸化油脂)
  • パルミチン酸エチルヘキシル
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • テトラオレイン酸ソルベス-30
    (非イオン性界面活性剤)
  • ドデカン
    (植物由来のエモリエント成分)
  • ハイブリッドサフラワー油
    (ビタミンEを多く含む植物性抗酸化油脂)
  • オリーブ果実油
    (オレイン酸を多く含む植物性抗酸化油脂)
ラウディ ゼロタイムクレンジングを使った感想

今まで、クリームタイプのクレンジングを使っていたのですが、マスカラなど、アイメイクの落ちがイマイチでした。やっぱり汚れ落ちがいいのはオイルクレンジングだと思っていたのですが、怖くて使えませんでした。でも、敏感肌には植物油脂を使ったオイルクレンジングがいいと知り、ラウディのクレンジングを使ってみました。全く刺激もなく、濃いメイクでも時間をかけずするっと落ちるので本当に重宝しています。最初は少し油分の残りが気になったのですが、使っていくうちになかなか解消できなかった肌の乾燥が治まってきました。
さらに詳しい管理人のゼロタイムクレンジング体験レビューはこちら

アテニア スキンクリアクレンズオイルの特徴
  • ミネラルオイル不使用!
  • 4つの高級美容オイルを贅沢に配合!
  • 敏感肌特有のくすみ解消にも!

 

価格 1,836円
内容量 175ml(約2カ月分)
主な成分
  • エチルヘキサン酸セチル
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • ジイソノナン酸BG
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10
    (非イオン性界面活性剤)
  • バオバブ種子油
    (植物性油脂)
  • アルガニアスピノサ核油
    (アルガンオイルのこと。オレイン酸を多く含む植物性抗酸化油脂)
アテニア スキンクリアクレンズオイルを使った感想

肌への刺激を心配しつつ、アロマタイプを恐る恐る使いましたが、刺激もなく、心地よく使えました。洗い上がりのつっぱり感もなく、メイクを落とした後は肌が明るくなった感じがしました。ただウォータープルーフのマスカラが若干落ちにくかったかも。それ以外は、コスパもいいですし、柑橘系の香りもよかったです。W洗顔が不要なのもおすすめポイントです。

つつむジェントルクレンジングの特徴
  • 敏感肌ブランドで抜群の安心感!
  • 角質保護成分配合で刺激を受けやすい肌を保護!
  • オイルクレンジングが苦手な方におすすめ!

 

価格 2,376円 トライアル1,470円
内容量 100gl(約1.5〜2カ月分)
主な成分
  • エチルヘキサン酸セチル
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • テトラオレイン酸ポリグリセリル-2
    (非イオン性界面活性剤)
  • ミネラルオイル
    (鉱物油)
  • BG
    (植物由来のエモリエント成分)
  • ステアリン酸ソルビタン
    (非イオン性界面活性剤)
  • テオブロマグランジフロルム種子脂
    (クパオという種子からとれる植物性油脂)
つつむジェントルクレンジングを使った感想

つつむのジェントルクレンジングは、もともと敏感肌用ということで安心して使えました。確かにオイルクレンジングに比べるとメイク落ちは劣りますが、クリームタイプで伸びがよく、肌に全く負担がありませんでした。1本で1カ月以上もつのでコスパもかなりいいと思います。

ファンケル マイルドクレンジングオイルの特徴
  • ミネラルオイル不使用!
  • こすらないクレンジングでバリア機能をキープ!
  • 敏感肌なのにニキビもできやすいという方におすすめ!

 

価格 通常価格1,050円→初回限定特別価格500
内容量 60ml(約30回分)
主な成分
  • エチルヘキサン酸セチル
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • ジイソノナン酸BG
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • ジイソステアリン酸ポリグリセリル−10
    (非イオン性界面活性剤)
  • (カプリル酸/カプリン酸)カプリリル
    (安全性・安定性に優れたエモリエント成分)
  • メドウフォーム油
    (柔軟効果のある植物性油脂)
ファンケル マイルドクレンジングオイルを使った感想

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、@コスメのオイルクレンジングランキングでは1位を獲得している人気のクレンジングですよね。敏感肌でも使えるのかなと口コミを調べたところ、結構長年愛用しているという方が多いので使ってみました。実際、拍子抜けするほ何の刺激もなくど問題なく使えました。メイク落ちもすばらしく、あっと言う間に汚れが落ちます。ただ、やはりその分、若干洗い上がりが乾燥してしまう感じがしました。初めて買う方は500円と価格も激安なので、まずは試してみるのもありだと思います。

HANAオーガニック ピュアリクレンジングの特徴
  • 天然オイルを使用したクリームクレンジング!
  • 100%オーガニックなのに洗浄力はバッチリ!
  • アロマの香りで内側からの敏感肌ケアにも!

 

価格 3,334円
内容量 150g(約1〜1.5カ月分)
主な成分
  • トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    (天然に存在する油脂と同じ構造の油性成分)
  • オリーブ果実油
    (オレイン酸を多く含む植物性抗酸化油脂)
  • グリセリン
    (保湿効果のある液体成分)
  • オレイン酸ポリグリセリル-10
    (植物由来の乳化剤)
  • ホホバ種子油
    (植物性油脂)
  • アルガニアスピノサ核油
    (アルガンオイルのこと。オレイン酸を多く含む植物性抗酸化油脂)
HANAオーガニック ピュアリクレンジングを使った感想

HANAオーガニックのピュアリクレンジングは100%天然成分でできたクリームクレンジングということで、前からずっと使ってみたいと思っていたクレンジングでした。@コスメの口コミでは割と評価が低めですが、私的には刺激もなく、クリームクレンジングにしてはメイク落ちもいいほうだと思います。ローズの香りもすごくよくて心安らぎます。オーガニックコスメで汚れ落ちがいいクレンジングをお探しの方におすすめです。

敏感肌の管理人がラウディのゼロタイムクレンジングを使ってみました!

管理人は40代後半の敏感肌です。

 

クレンジングだけでなく、化粧品探しには本当にいろいろ苦労してきました。

 

今まで買って使えなかった化粧品をどれだけ捨ててきたかわかりません。

 

そんな失敗を繰り返さないよう、皮膚科医が監修しているスキンケアの本などもたくさん読んで、お肌のことを勉強してきました。

 

 

その結果、敏感肌クレンジングを選ぶ上で得た知識としては、

  • オイルクレンジングは汚れ落ちはいいが、その分、刺激が強い!
  • 敏感肌クレンジングは界面活性剤と油分のバランスがいいクリームタイプ!

ということ。

 

これはどの本にも書いてありますし、ネットで敏感肌クレンジングを検索すると同様の情報が出てくるので、ずっと信じていたんですね。

 

確かに、クリームクレンジングは刺激が少ないものが多く、そこそこ伸びもいいので使いやすいです。

 

でも、ちょっと濃いメイクをするとどうしても汚れが残ってしまうので、W洗顔でごしごしやっちゃって、結局、肌が乾燥してしまうんですよね。

 

しょうがないかなともあきらめていたんですが、年をとるたびにメイクも厚くなってきた(^_^;)ので、これ、何とかならないかなぁ・・・と、ずっと思っていたんです。

 

で、ふと、考えたんですよね、オイルクレンジングって本当に敏感肌は使っちゃいけないんだろうかって。

 

今まで、オイルクレンジングなんて、はなから除外して全く眼中になかったんですけど、それを機に敏感肌でも使えるオイルタイプのクレンジングってないんだろうかと探し始めました。

 

そしたら、たまたま美容院で読んだ「日経ヘルス」という雑誌に、鉱物油を使ったオイルクレンジングは刺激が強いけど、植物油のものなら敏感肌でも使えるって記事があったんです。

 

そして、早速ネットで植物油を主成分にしたオイルクレンジングはないかと探しました。

 

そして、見つけたのが「ラウディのゼロタイムクレンジング」です。

 

販売会社:ラウディ株式会社

 

2016年の年末に発売したばかりのオイルクレンジングなんですが、コメヌカ油を主成分にしたものらしく、W洗顔も不要ということで敏感肌でも使えるオイルクレンジングということでした。

 

で、コメヌカ油って何だろう?と調べた結果、コメヌカ油の成分の中にはビタミンEなどの抗酸化成分が入っているので、オイルクレンジングの弱点、「酸化」を防ぐことができるのだとか。

 

酸化したオイルを肌に塗ると、皮膚の表面で変質して肌トラブルを招くらしいので、これを防げるコメヌカ油はどうやら優秀な植物性オイルだということがわかりました。

 

しかも、コメヌカ油にはオレイン酸という不飽和脂肪酸がたくさん配合されているので、肌の柔軟効果も期待できるということらしいんですね。

 

こんなことを初めて知った私は、とにかくコメヌカ油を使ったオイルクレンジングを早く試してみたくて、早速ゼロタイムクレンジングを取り寄せてみました。

 

 

価格は初回1,940円、2回目以降は3,120円。

 

定期コースなので、本当は買うとき少し躊躇してしまいましたが、使用後でも30日間の全額返金保証が付いていたので、肌に合わなかったら返品しようと決めて注文してみました。

 

 

見た目どおり黄色いオイルで、香りは・・・何というか、オイルの香り。

 

公式サイトには花をイメージした香りと書いてありましたが、正直、あまりいい香りとは言えません。

 

ただ、まさに植物油で天然の香りっていう感じです。

 

肝心の汚れ落ちはどうか、私がいつも使っている敏感肌用のファンデとウォータープルーフのマスカラ、リップで試してみました。

 

 

ゼロタイムクレンジングをのせて、くるくると30秒ほどしたのがこの状態。

 

 

最初にファンデとリップがなじんで、マスカラが残りましたが、さらになじませると、ふっと浮いた感じになりました。

 

汚れ落ちを試してみるために、あえて水で流してみます。

 

 

きれいに落とせました!

 

最初、洗い上がり時に少しべたっとした感じがあって、W洗顔しなくても本当に大丈夫かなと思いましたが、しばらくして触ってみると、肌が柔らかく、もちもちとした感じに。

 

顔で使ったときも、洗い流した後、油分が残った感じがあったのでちょっと心配だったのですが、実は残ったぐらいが皮脂量が低下した敏感肌にはいいらしいです。

 

植物性の油脂は、人間の皮脂の主成分と同様なので、肌に多少残ったとしても、そのまま保湿成分として肌を守ってくれる働きがあるからなのだそうです。

 

ウォータープルーフのマスカラも落とせるほど洗浄力があるクレンジングなのに、肌を守る効果もあるなんて、バリア機能が低下している敏感肌にとってはすごくうれしいですよね。

 

実際に使ってみて全く刺激を感じることもなく、使い続けていくうちに肌のカサカサした状態がなくなったのと、口の周りの粉吹きが改善してきたことを実感したので、私はゼロタイムクレンジングをこのまま定期購入することに決めました。

 

私のように、

 

「敏感肌なんだけど、肌にやさしいだけのクレンジングだと汚れ落ちが物足りない」
「オイルクレンジングを使ってみたいけど、刺激が怖い」

 

という方には、ゼロタイムクレンジングは本当におすすめ。

 

30日間の返金保証もありますし、安心できる原材料を使っているので、まずは肌に合うかどうかだけでも試してみてほしいと思います!

 

ラウディ ゼロタイムクレンジングの詳細はこちらから♪

 

 

種類別クレンジング料の特徴と敏感肌との相性

そもそもクレンジング料は何でできているかというと、主に油分と界面活性剤です。

 

クレンジング料はオイルタイプのものやゲルタイプのものなど、様々な種類がありますが、界面活性剤の配合量によって形状と洗浄力が違ってきます。

 

【界面活性剤の配合量と洗浄力のイメージ図】

 

敏感肌の方は、肌に負担をかけないクレンジング料を選ぶためにも、タイプ別にクレンジング料の特徴を知っておきましょう。

 

シートタイプ

ふき取りクレンジングがこのタイプ。

 

界面活性剤だけでメイクを落とすので、肌への刺激大です。

 

拭き取るときにどうしても摩擦を起こしてしまいやすく、肌を傷つけたり、黒ずみの原因にもなります。

 

疲れた日などはどうしても頼りたくなりますが、敏感肌の方の使用は避けましょう。

 

オイルタイプ

洗浄力が高く、濃いメイクもさらっと簡単に落とせることで人気が高いのがオイルタイプ。

 

肌なじみがよく、皮膚に余計な負担をかけないことがメリットですが、ミネラルオイルを主成分にしたクレンジングオイルは、脱脂作用が強く、皮脂量の少ない敏感肌には向いていません。

 

ただ、ミネラルオイルを配合せず、エモリエント成分や、植物性油脂を使ったクレンジングオイルは、刺激も少なく、皮膚の摩擦も軽減できるので、敏感肌の方におすすめです。

 

通常、オイルは酸化しやすく、皮膚に残ると、シミやくすみなどの肌トラブルを起こす原因となりますが、酸化しにくい抗酸化力のある油脂(コメヌカ油、アルガンオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなど)ならそういった心配もありません。

 

クレンジングオイルは皮膚への刺激を極力抑えることができますが、配合成分によって肌への負担が違いますので、成分表示は注意して見るようにしましょう。

 

リキッド・ジェルタイプ

オイルタイプやクリームタイプのクレンジングと違い、べたつべたしないのがリキッドやジェルタイプのクレンジング料です。

 

さっぱりしたテクスチャを好む方に人気ですが、このタイプは主に界面活性剤の力でメイクなどの油汚れを落とすので、洗浄力も弱め。

 

その分、汚れを落とすのにこすって肌を摩擦したり、界面活性剤が肌に触れている時間が長くなり、思ったよりも肌への負担が大きくなるので、敏感肌には不向きです。

 

どうしてもジェルやリキッドタイプのクレンジングが使いたいというときは、エタノールやDGP、PGといった成分が入っていないものを選びましょう。

 

クリームタイプ

油分、水分、界面活性剤の配合量のバランスがよく、使いやすいのがクリームタイプ。

 

肌への負担も少なく、敏感肌でも毎日使えるクレンジング料です。

 

ただ、洗っても油分が残るものが多く、W洗顔が必要なものもあります。

 

洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまうので、W洗顔不要のクリームクレンジングがおすすめです。

 

ミルクタイプ

一番界面活性剤の配合量が少ないのがミルクタイプ。

 

一見肌にやさしいイメージですが、配合されている水分が多く、油性のメイクとなじみにくいというのがデメリットです。

 

メイクをしっかり落とすために、肌をこすったり、クレンジングに時間がかかったりすると、かえって肌に負担がかかるので、敏感肌にはあまりおすすめできません。

 

敏感肌におすすめのクレンジング法

敏感肌の方がクレンジングを使うときは、こすり洗いや時間のかけすぎは絶対にNG。

 

クレンジング料をケチらず、たっぷり手に取って肌にやさしくなじませて使うのが鉄則です。

 

当サイトでご紹介しているクレンジング料は、基本的に洗い流すタイプのものが主流ですが、敏感肌の方にぜひ試してもらいたいクレンジング法があります。

 

それはスチームタオルを使ったクレンジングです。

 

 

肌にやさしいだけでなく、血流がアップするので肌代謝もよくなり、肌荒れでガサガサしたお肌もふっくら肌に。

 

続けると、肌の透明感も回復して肌年齢が若返りますよ♪

 

スチームタオルクレンジングの手順

スチームタオルを作る

タオルは肌触りのよい、清潔なものを用意します。

 

タオルを二つ折りにして丸めて筒状にし、45度〜50度に温めたお湯を筒の中に注ぎます。

 

内側が十分湿ったら、タオル全体にお湯がいきわたるように、外側を握ってやさしく絞ります。

 

クレンジング料をメイクによくなじませる

クレンジング料をたっぷり使って、指の先で、こすらず、やさしくメイクの油となじませます。

 

スチームタオルを顔全体に当てる

温めたタオルをまずは顔全体に当て、温めながら少しずつクレンジング料を拭き取っていきます。

 

タオルが汚れたらすすいで、口や目元、小鼻など、細かい部分をこすらないよう注意して、きちんと拭き取ります。

 

タオルの端で耳周りを拭く

拭き取りが終わったら、タオルを三角の二つ折りにして、両端を両手で持ち、耳の前後や周囲をもみほぐします。

 

10回ほどもみほぐしたら、あとは首筋やデコルテも一緒に拭いていきましょう。

 

 

敏感肌はストレスも大きな要因の一つと言われています。

 

スチームタオルクレンジングは、肌を温めながら汚れを落とすだけでなく、リラックス効果もバッチリ。

 

ストレスの緩和にもなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

>>敏感肌用クレンジングTOPに戻る