敏感肌用クレンジングランキング

*

敏感肌に適したクレンジング料とは?

Beautiful young nurse on white background
油性のメイクを落とすためにも不可欠なクレンジング。肌荒れがひどいときでもメイクをした日は使わざるを得ません。


そもそもクレンジング料は何でできているかというと、主に油分と界面活性剤です。クレンジング料はオイルタイプのものやゲルタイプのものなど、様々な種類がありますが、その配合量によって形状が変わり、お肌への刺激の度合いが違ってきます。


濃いメイクがするっと落ちるというような洗浄力の強いクレンジング料は界面活性剤が多く配合され、当然こういったクレンジング料はお肌への負担が大きく、敏感肌や肌が弱い方には不向きです。


敏感肌の方が毎日お肌に刺激なく使うなら、水分、油分、界面活性剤がバランスよく配合されたゲルタイプのクレンジング料クリームタイプのクレンジング料。ただし、透明のゲルタイプのものは界面活性剤が多めなので、乳白色のゲルを選びましょう。

敏感肌用クレンジングランキング

1位

つつむ ジェントルクレンジング

★★★★★

角層を保護しながらメイクを落とす敏感肌用クレンジング

つつむのジェントルクレンジングは乾燥性敏感肌で悩まれている方に選ばれている敏感肌用クレンジング。弾力のあるクリームタイプのクレンジングで、メイクの汚れとのなじみがよく、お肌の刺激の原因となる摩擦を防いで、乾燥して傷ついたお肌を守りながら、汚れをしっかり落とします。

2位

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

★★★★

敏感肌でも安心して使えるこんにゃくスクラブクレンジング

リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジングは、低刺激性の乳白色クレンジングゲル。肌にやさしいこんにゃくスクラブなので、敏感肌でできなかった毛穴ケアもくすみ対策もこれ1本でできちゃいます。今なら全額返金保証&もう1本プレゼント付きで売れてます!

3位

HANAオーガニック リセットクリーム

★★★★

石油系界面活性剤不使用!安全性を究めたクレンジング

HANAオーガニックのリセットクリームは100%天然成分でできたクリームタイプの肌にやさしいクレンジングです。オリーブオイル、ココナッツオイル、ホホバオイル、アルガンオイルといったオーガニックのオイルを贅沢に配合し、皮脂バランスを調整。気になる毛穴の目立ちも改善してくれます。

4位

マナラホットクレンジングゲル

★★★

W洗顔不要!ほとんどが美容成分でできたクレンジング

マナラホットクレンジングゲルは、肌に負担をかけない乳白色のゲルタイプクレンジング。石油系の界面活性剤不使用なので敏感肌でも安心して使えます。美容成分でじわじわとメイクを落としながら必要な栄養をお肌に届けるので、使う度にお肌にハリと潤いが戻ります!

5位

テラクオーレ ダマスクローズミルククレンジング

★★

ダマスクローズの贅沢な香りで心も癒やされるクレンジング

テラクオーレはオーガニック認証機関SoCertを取得した信頼できるオーガニックコスメ。 こだわりの高品質オーガニック原料で作られたダマスクローズミルククレンジングは、日本人の肌に合わせて開発されたミルクタイプのお肌にやさしいクレンジング料です。



クレンジング料の種類と肌への刺激の度合い


taoru クレンジング料はタイプによって、お肌への刺激の度合いが変わってきます。敏感肌の方は、お肌に負担をかけないクレンジング料を選ぶためにも、タイプ別にクレンジング料の特徴を知っておきましょう。

クレンジング料には主に5つの種類に分けられ、刺激が強い順に挙げると、シートタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイム、ミルクタイプとなっています。

<それぞれの種類の特徴>

シートタイプ
ふき取りタイプのクレンジングがこのタイプ。界面活性剤だけでメイクを落とすので、お肌への刺激大です。拭き取るときにどうしても摩擦を起こしてしまいやすく、肌を傷つけたり、黒ずみの原因にもなります。

オイルタイプ
洗浄力が高く、濃いメイクもさらっと簡単に落とせることで人気が高いのがオイルタイプですが、界面活性剤の配合量も多め。肌への負担が大きいので、濃いメイクをしたときだけ使うのがおすすめです。

ジェルタイプ
肌なじみがよく使いやすいのがジェルタイプですが、透明のジェルタイプのクレンジング料は界面活性剤が多めに配合されています。選ぶならクリームのような乳白色をしたクレンジング料が肌への負担が少なく、毎日使えるクレンジング料です。

クリームタイプ
油分、水分、界面活性剤の配合量のバランスが一番いいのはクリームタイプ。お肌への負担も少なく、毎日使えるクレンジング料です。

ミルクタイプ
一番お肌への刺激が少ないのはミルクタイプですが、水分が多いのでメイクとなじむまで少し時間がかかります。お肌をこすって摩擦を起こしてしまうことのないよう、注意が必要です。

<肌を傷めないためのポイント!>

クレンジングを使うときは、ケチらずたっぷりの量を使い、決してごしごしこすることなく、手早く行うことがお肌に負担をかけないためのポイント。やり過ぎると必要な皮脂まで落としてしまうのっで、1分ほどで終わらせるようにしましょう!

当サイトイチオシ敏感肌クレンジングはコレ!

taoru
敏感肌を研究し尽くしたクレンジング料!

敏感肌に一番おすすめのタイプは乳白色のジェルタイプかクリームタイプのクレンジング料。ディセンシアつつむの敏感肌用クレンジング、ジェントルクレンジングはクリームタイプのクレンジングで、汚れを落とした後もほどよく保湿感が残り、お肌の乾燥を予防。汚れを落としながら、敏感肌で傷ついたお肌を修復していきます。1度使うとずっと使い続けていきたくなる敏感肌用クレンジング。つつむのジェントルクレンジングで肌にやさしいメイクオフを始めましょう!

>>まずは14日間、クレンジング料も入ったトライアルセットでお試しください!